Sustainable Development Goals

SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/

  • 「食」
  • 「水」
  • 「住」

NIKKOのSDGsへの取り組み

ニッコーは1908年の創業当初から
「暮らしを豊かに快適にする技術とサービス」の追及を理念に取り組んでまいりました。

そして現在、私たちが生きていくために絶対に必要な「食」、その豊かな食生活のための食器を提供し続ける陶磁器事業、
地球環境を守るために大切な「水」を守る水創り事業と環境プラント事業、
「住」む人の健康を守り心身をリラックスさせる理想のバスルームを提供するバンクチュール事業、
生活の安全・安心をサポートする商品、快適性や省エネに貢献する商品を提供する機能性セラミック商品事業、
これらの事業を通して、日々の生活をより豊かに、より快適にするために役立つ商品を製造し、提供しています。

そしてこれらは、サステナブル(持続可能)な社会の実現に欠くことが出来ないものです。
私たちは、暮らしを豊かにする、ものづくり・ことづくりを通し、
人にも地球にも優しい『サステナブルな暮らし』を提供し続けていきたいと考えています。

3 全ての人に健康と福祉を

  • 交通安全機能に対応した基板の開発・製造
  • 環境負荷の低い次世代自動車に対応した基板の開発・製造
  • たばこの規制を強化する社内での取り組みを実施
  • 社員の感染症の予防接種費用の助成

4 質の高い教育をみんなに

  • 資格取得奨励制度の実施

5 ジェンダー平等を実現しよう

  • 女性が活躍する職場環境として、産休、育休、時間短縮制度の拡充
  • 育児・介護・病気療養などを行っている社員が仕事を継続できるようテレワークの導入

6 安全な水とトレイを世界中に

  • 環境配慮製品(浄化槽・産業廃水プラント・ディスポーザ排水処理システム)の開発・製造・維持管理サービスの拡充
  • 発展途上国の未処理排水の削減、 再生利用等による水質の改善
  • 生態系における循環型社会の形成

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

  • 省エネルギーで長寿命のLED用基板の開発・製造
  • エネルギーの削減活動(焼成効率改善、生産性改善)

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

  • 5Gほか通信インフラ構築製品の開発
  • 環境負荷の低い次世代自動車へ対応した基板の開発・製造
  • 製品の小型化、軽量化等により、同一機能に対して資源使用量のミニマム化の推進

11 住み続けられるまちづくりを

  • 環境配慮型製品(ディスポーザ排水処理システム)サービスの拡充
  • 継続的な被災地支援
  • 規制物質の管理、抑制活動
  • 地域コミュニティへの参画

12 つくる責任 つかう責任

  • 規制物質の管理、抑制活動
  • 新規製品開発による資源効率改善及び生産歩留まり改善
  • 持続可能な商品の提供

13 気候変動に具体的な対策を

  • 環境負荷の低い次世代自動車へ対応した基板の開発・製造
  • 温室効果ガスの排出削減(生産性改善)

14 海の豊かさを守ろう

  • 環境配慮製品(浄化槽・産業廃水プラント・ディスポーザ排水処理システム)の開発・製造・維持管理サービスの拡充
  • 循環型社会の形成

17 パートナーシップで目標を達成しよう

  • 国際交流の推進(外国人技能実習生の受け入れ)

TOPICS

[絵・文] てづかあけみ  [英訳・監修] ニッコー株式会社

汚水処理の大切さを学ぶ絵本
『水の王さま』を製作・配付スタート!!

世界の国々の中には、まだまだ水環境の整っていない地域がたくさんあります。
ニッコーでは、世界の水環境が良くなるように、まずは汚水処理に対する意識を高めてもらうため、 大人も子供も一緒に学べる浄化槽の絵本『水の王さま』を製作しました。絵本作家のてづかあけみさんによって、地球をめぐる水の流れを通じて、汚れた水をキレイにして自然に戻すことの大切さが描かれています。2019年11月から日本国内とミャンマーでの配布が始まりました。
また、ヤンゴン(ミャンマー)首相府副局長を通じて学校の子供たちに届けてもらえることになりました。