現在ご覧のページは HOMEの中の住設環境機器事業の中の産業廃水処理システム・除害施設の中の廃水処理技術 のページです。

廃水処理技術

主な処理技術

担体処理

主成分がエーテル系ポリウレタンなので、親水性、生物親和性が強く高濃度に有用微生物を固定できます。通常の活性汚泥法に比べ、2〜5倍の高負荷運転ができるので、設置スペースのコンパクト化が可能です。また担体内部の多様な生物相による消化作用により、余剰汚泥の発生量の低減が可能です。さらに担体の油脂吸着作用により、微生物による油脂の分解除去も可能です。

膜処理

膜は微生物を利用して排水を浄化し、消化された処理水と浄化に利用した微生物を分離するフィルターです。孔の直径は0.4μm(1万分の4mm)と非常に細かく、排水中の病原菌などを高い精度で分離することができます。省スペース・省エネ・高度排水処理を同時に実現しています。

躯体構造

ボックスカルバート製

  • ・コンクリート製なので、強度に優れています。
  • ・水深を深くとれるので設置スペースを小さくできます。
  • ・工場管理製品のため、品質が良好で一定しています。
  • ・比較的大規模の処理施設に適しています。

ボックスカルバート製詳細ページへ

FRP製

・内部設備を組み込んで出荷するので工期を短縮できます。
・専門工場で製造しているので品質が良く一定しています。
・比較的大規模の処理施設に適しています。
・φ2500mmの形状になります。