現在ご覧のページは HOMEの中の住設環境機器事業の中の浄化槽の中のNKT-51〜376 のページです。

大型浄化槽

NKT-51~376 方式
BOD 20㎎/ℓ以下 SS 15㎎/ℓ以下
NKT-51~376

特徴

コンパクト・省スペース化を実現

固液分離性能に優れた浮上濾過方式を採用し、処理水中のSS(浮遊物質)を除去し、放流水をより高度なものにします。独立槽なので、上部開口部からのメンテナンスが容易です。

特徴

小さな担体の一つ一つの表面に微生物が付き、生物処理槽内の微生物が高濃度化するため、高負荷の処理が可能になり、その結果、生物処理槽を大幅に小さくすることができました。生物処理槽の逆洗も必要ありません。

優れた処理性能

担体反応槽と担体濾過槽に使用する担体は、オリジナル品を使用。硬質ポリエチレンを使用しており、十分な強度があり、ほとんど摩耗しないので交換の必要がありません。
また、比表面積が大きく、生物膜の付着が良く、水より若干軽い比重となっています。
流動性が高いので、付着した微生物が効率良く生物処理を行います。

特徴

ページトップへ

フローシート

フローシート

ページトップへ