現在ご覧のページは HOMEの中のIR情報の中のご挨拶 のページです。

ご挨拶

代表取締役社長 三谷明子

 みなさまには、平素より格別のご高配を賜り、役員・社員一同、心より感謝申しあげます。
 また、今般の新型コロナウイルス感染症に罹患された方およびご家族・関係者のみなさまに謹んでお見舞い申しあげます。また感染拡大防止策や治療など日々ご尽力されている医療従事者のみなさまには心より敬意を表します。
 当社は、引き続き新型コロナウイルスに関する状況を注視しながら、今後も政府や自治体などの方針に基づき感染拡大防止に必要な対応を適切に実施してまいります。

 第96期は3ヶ年中期経営計画の2年目として始まりました。
 当期は新型コロナウイルス感染拡大により、陶磁器事業および機能性セラミック商品事業は大きくその影響を受けました。
 当期の売上高はすべての事業で減収となりました。収益面では住設環境機器事業は黒字を確保したものの減益、機能性セラミック商品事業および陶磁器事業は赤字となり、連結全社で損益は各段階利益において赤字となりました。
 期末配当につきましては、利益剰余金がマイナスとなっている状況を鑑み、大変申し訳ありませんが今回も無配とさせていただきました。早期復配に向けて、経営理念「お客さまに選ばれる会社になることを目指して~挑戦・信頼・知恵~」のもと、役員・社員が一丸となって、さらなる収益力の向上と財務体質の改善ならびに経営基盤の強化に努めてまいります。
 今後も、引き続きのご支援とご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

2021年6月
代表取締役社長

三谷 明子